抜歯時の工程と負荷がかかる瞬間

歯科で抜歯する場合の痛みは

歯科医は痛くないように抜歯する

歯科で親知らずや虫歯を抜歯する場合、どういった手順で行うのでしょうか。まず最初にするのは歯茎への麻酔です。麻酔の手順には、いきなり麻酔注射をする方法と注射が痛くないよう歯茎に麻酔を塗ってから注射する方法があります。少しでも痛いのは困るという患者に対しては後者の方法が使われます。麻酔が効いてきたら抜歯ということになりますが、漫画などで見られるように歯科医がペンチを使って強引に歯を引っこ抜くということはありません。歯をぐいぐいと押し、骨から脱臼させたあと、鉗子で引き抜きます。どちらも痛みはなく、脱臼させた時点で抜歯はほとんど終わっているといっていいでしょう。抜いたあと、歯科医は歯の根などが折れて残っていないかを確認します。問題ないようであれば穴になった部分にガーゼを詰めて終了です。ガーゼですが、ずっと詰めていないといけないわけではなく、数時間経って血が止まっているようであれば外しても構いません。大抵の場合、翌日も歯科に行って、抜歯したところのチェックと消毒をしてもらうことになります。抜歯手順をこなすのに時間がかかった場合、数日間、痛みが残ることがありますが、しばらくすれば収まるので心配する必要はありません。

治療器具
 

↑PAGE TOP