歯医者で教わりましょう

歯科で抜歯する場合の痛みは

妊娠中の歯医者について

妊娠中の歯医者の利用については、治療を行っていけない時期というのは原則的にありませんが、妊娠初期や後期には、基本的に、応急処置のみを行うことがおすすめです。初期には、過度な緊張や長時間に治療によって流産してしまう可能性があるため、治療は避けることがおすすめです。妊娠中に歯医者で治療を受ける際には、なるべく安定期に行うことが必要です。できれば、歯科検診を受けて、虫歯を悪化させないようにすることがお勧めです。

治療器具
 

定期的に歯医者に通うメリット

歯医者はどうしても治療に痛みが伴うため、できればあまり通いたくないというイメージが一般的にあります。しかし実際には定期的に通うと色々とメリットがあるのです。まず虫歯の初期症状や歯周病の有無を発見できるという点が挙げられます。特に歯周病は自覚症状がほとんどないので進行を見落とす可能性が高くなるのです。それ以外にも定期健診で歯のクリーニングをしてもらえるため、虫歯予防になったり、口臭を防ぐことができます。歯の表面もツルツルになるため、最近では美しい歯を保つために定期的に歯医者に通う人が増えているのです。

↑PAGE TOP