抜糸時の痛み対策など

歯科で抜歯後の痛みを抑えるには

歯科医の注意を守れば抑えられる

歯科で虫歯などを抜歯した場合、抜いている最中は麻酔の効果で痛みがなくても、家に帰ってから麻酔が切れて痛くなることがあります。ただ、それ以上、痛くならないようにする対処法があるのでそれを守ればそれほど心配する必要はありません。では、具体的にどうすればいいのかというと、まず歯科で抜歯した場所を舌で触るのはやめましょう。今まで歯があったところに穴が開いているので気になるかもしれませんが、舌でいじると傷が塞がらなくなり、治りが遅くなってしまいます。次に、お風呂に入ったり、お酒を飲んだりするのは避けましょう。というのは、血行がよくなりすぎると血が止まらなくなってしまうからです。歯科でシャワーを浴びるだけなら問題ないと言われたなら、浴槽に入らなければ大丈夫です。処方された痛み止めや抗生物質といった薬をしっかりと飲むことも大事です。特に抗生物質は、勝手に服用を止めずに必ず飲みきりましょう。痛み止めは抜歯後に痛みがなくなったのであれば必ずしも飲む必要はありません。歯磨きについてですが、抜歯した場所は当然、磨く必要はありません。もし、歯がなくなったところの穴に食べ物が入ってしまった場合は舌で取り出すのではなく、水を含んで口の中をゆすぐといいでしょう。

治療器具
 

↑PAGE TOP